ピーリングって本当に効くの?と思ったら

夏バテした9月のお肌の改善に効果を発揮するのが、ピーリングです。

実はピーリングは、小ジワやくすみ、たるみ、シミ、毛穴など様々なお肌の悩みに効くんですよ。

それでは、どうしてピーリングはあらゆる肌のトラブルを改善してくれるのでしょうか?

今回は、ピーリングが肌に効く理由についてお伝えします。

理由1 肌トラブルの原因になっている古い角質を取り除く
ピーリングとは、薬剤などを肌に塗って、肌の表面の角質を溶かすというケア方法です。

肌の表面に残っている古い角質は、角栓を作って毛穴の黒ずみやニキビの原因になります。

さらに、肌に古い角質が残ると、角質はどんどんぶ厚くなり、肌がゴワゴワと硬くなってしまうんですよ。

ピーリングは、肌の古い角質を溶かして取り除くことで、角質が原因の肌トラブルを予防・改善してくれるのです。

理由2 ターンオーバーを促して肌の再生スピードをアップ
肌の表面の古い角質が取り除かれると、肌は内部を守るためにターンオーバーを促します。

加齢などでターンオーバーが遅くなると、メラニンが溜まりやすくなり、シミやくすみを引き起こします。

ピーリングで肌のターンオーバーが促され、再生スピードがアップすると、メラニン色素をスムーズに排出できるようになり、シミやくすみが改善されるのです。

理由3 真皮のコラーゲンを増やす
ピーリングには、なんと肌の土台になっている真皮のコラーゲンを増やす作用もあります。

ターンオーバーが促されると、その情報が真皮にも伝わって、コラーゲンを作り出す線維芽細胞も元気になるんですよ。

刺激されて元気になった線維芽細胞は、コラーゲンを増やして、肌には柔らかいハリが戻ります。
すると、シワやたるみが予防・改善されるのです。

理由4 美容成分の浸透力を高める
肌に残ったゴワゴワ角質は、化粧水や美容液成分の浸透を妨げます。

ピーリングで余計な角質が取り除かれると、美容成分の浸透力が高まり、それぞれの成分がより効果を発揮できるようになるんですよ。

美容成分がしっかり効くようになることで、お肌にはプラスのサイクルが生まれます。

★ピーリングはアンチエイジング対策に効果的!
ピーリングは、特に年齢肌に効果を発揮します。

実は、ターンオーバーは加齢とともに遅くなって、肌が再生されるまでに時間がかかるようになります。
ターンオーバーをスピードアップさせるピーリングは、アンチエイジングの強い味方になってくれるんですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る