お肌の危険信号!ゆらぎ肌の正体

敏感肌じゃないのに、最近肌に刺激を感じるようになったとお困りではないですか?

実は、春や秋などの季節の変わり目は、肌が「ゆらぎ肌」という状態になりやすいんですよ。

そこで今回は、ゆらぎ肌とはどのような状態なのか、敏感肌とは何が違うのかについてお伝えします。

★秋は愛用している化粧品が急に刺激になる?!
秋に起こりやすいトラブルの1つに「いつも使っている化粧品が合わなくなる」といった症状があります。

秋は、愛用している化粧品ですら肌の刺激になってしまうことがあるんですよ。

愛用している化粧品が合わなくなったときに、疑ってほしいのが「ゆらぎ肌」です。

★ゆらぎ肌ってなに?
ゆらぎ肌という言葉は最近使われ始めたので、聞き慣れない方も多いでしょう。

ゆらぎ肌とは、文字通り「肌が揺らいでいる状態」です。
肌は、いつも同じ状態にあるわけではなく、環境や体調などによって日々変化しています。

ゆらぎ肌とは、肌が何らかの原因によって不安定になり、刺激に敏感になっている状態のことなんですよ。

★ゆらぎ肌は一時的な敏感肌
肌が不安定になって刺激に敏感になっているなら、「敏感肌と同じでは?」と思いませんでしたか?

敏感肌は、肌のバリア機能が元々弱かったり、免疫機能の異常で少しの刺激にも過剰に反応してしまったりする状態です。

一方でゆらぎ肌は、一時的に肌が刺激に弱くなってしまっている状態です。

肌の状態がいいときは、多少の刺激でもトラブルを起こさないけれど、肌が環境や体調などの変化で不安定になると、いつもは大丈夫な刺激に敏感に反応してしまうようになります。

★こんな症状が出たらゆらぎ肌を疑おう!
それでは、どのような症状が出たらゆらぎ肌を疑えばいいのでしょうか?
ゆらぎ肌の代表的な症状は以下の通りです。

・いつもの化粧品をつけるとピリピリした刺激を感じる
・いつもの化粧品で肌が赤くなる
・化粧のノリが悪くなった
・ニキビなどの吹き出物が急に出てくるようになった
・肌が急にくすみ出した

肌の状態がいつもと違うと感じたらストレスや環境の変化などによる「肌のゆらぎ」を警戒してください。

★ゆらぎ肌の放置は禁物!
「ゆらぎ肌は一時的なんでしょ?」と放置するのはとても危険です。
ゆらぎ肌は、一時的な敏感肌であると同時に、敏感肌の前段階とも言えます。

つまり、ゆらぎ肌の不安定な状態を無視していると、敏感肌に進行してしまう可能性もあるのです。

ゆらぎ肌は放置せずに、しっかり対策を講じるようにしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る