ゆらぎ肌になってしまっても慌てずに対策すればまだ間に合う

ゆらぎ肌はなる前の予防が大切ですが、忙しい日々を送っていると予防しきれないこともありますよね。

それでは、ゆらぎ肌になってしまってしまうと対処方法はないのでしょうか?
安心してください。
ゆらぎ肌になったときは、しっかりケアすれば肌を元に戻すことができるんですよ。

そこで今回は、ゆらぎ肌になってしまったときの対策方法についてお伝えします。

対策1 シンプルケアで肌への負担を減らす
ゆらぎ肌になって、いつもの化粧品で刺激を感じるようになったときは、一度化粧品を見直しましょう。

ゆらぎ肌は肌が刺激に弱い不安定な状態なので、できるかぎり刺激物を排除したシンプルケアが大切です。

肌の調子が悪いと「あれもこれも」とケアしたくなりますが、塗る回数が増えればそれだけ、肌への負担も増えます。

化粧品は余計な成分が入っていないもので、最小限の化粧品だけでケアするようにしましょう。

対策2 ケアは保湿を重視してバリア機能を高める
ゆらぎ肌はシンプルケアが大切ですが、それでは、どのような成分だけに絞ってケアすればいいのでしょうか?

一番重視すべきなのは、やはり保湿です。
ゆらぎ肌は一時的に肌のバリア機能が低下している状態ですので、バリア機能を補強するケアが大切なんですよ。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿力が高く、肌のバリア機能を高めてくれる成分を補給してあげましょう。

対策3 入浴でストレス緩和と血流促進
秋のゆらぎ肌では、夏の冷えとストレスが原因になっていることもあります。
ゆらぎ肌を改善するためには、血流対策とストレス解消も大切です。

そこでおすすめなのが、入浴です。
入浴は、温熱刺激に加えて、副交感神経を高めてストレスを緩和してくれる効果があります。

38~40度程度のぬるめのお湯に、ゆったり入り、バスタイムを満喫してください。
アロマを利用するのもいいですね。

対策4 睡眠で成長ホルモンをしっかりと出す
不安定になってしまった肌を修復するためには、睡眠も大切です。
実は、睡眠中の始めの3時間は、代謝を高めて肌を修復してくれる成長ホルモンがたくさん分泌されます。

寝はじめの3時間にしっかり熟睡できる環境を整えて、成長ホルモンを出すこともゆらぎ肌の改善には必要なんですよ。

★ゆらぎ肌の軽視は敏感肌や汚肌に繋がる!
ゆらぎ肌は軽視してはいけません。
いつもの化粧品で痒みや赤みが出ても、そのまま使用を続けていると、ゆらぎ肌が悪化し、敏感肌になってしまうこともあります。

シンプルケアと保湿重視の対策で、ゆらぎ肌を長引かせないようにしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る