ゆらぎ肌の原因は身近にあるアレが原因だった

ゆらぎ肌は、秋などの季節の変わり目や環境の変化があったときなどに起こりやすくなります。

それでは、どのような原因でゆらぎ肌は起こってしまうのでしょうか?
ゆらぎ肌をケアしたり予防するためにも、原因を知っておくことが大切です。

今回は、ゆらぎ肌を引き起こす原因についてお伝えします。

原因1 急激な温度や湿度の変化
春や秋の季節の変わり目にゆらぎ肌を起こしやすいのは、温度や湿度の変化が大きな原因になっています。

季節の変わり目は、温度や湿度が変化しやすく、1日の中でも寒暖差が大きくなります。

すると、肌は急激な温度や湿度の変化に対応するため、大きな負担が強いられてしまうんですよ。
負担が大きくなった肌は、疲れてしまって、不安定になるのです。

原因2 花粉やハウスダスト、黄砂などの刺激物の増加
秋や春で注意が必要なのが、花粉などの肌への刺激物の飛散です。

花粉以外にも、ハウスダストや黄砂、環境汚染物質などが肌に付着すると、肌には刺激になってしまいます。

肌が刺激物によって攻撃され続けることで、肌の鉄壁のバリアが少しずつ脆く崩れていってしまうんですよ。

原因3 引っ越しや転職などの環境の変化
環境は環境でも、住む環境や仕事をする環境などの変化もゆらぎ肌の原因になります。

引っ越しや転職、配置変えなどは、本人が思っている以上にストレスになる場合があります。

ストレスが大きくなることで、自律神経が乱れ、肌の機能も低下してしまうんですよ。

原因4 睡眠不足
傷付いた細胞の修復は、夜眠っている間に行われます。
そのため、睡眠不足が続くと、肌細胞の修復がきちんと行われなくなり、肌にはダメージが蓄積されます。

すると、肌のバリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまうのです。

原因5 ホルモンバランスの変化
ホルモンバランスの変化もゆらぎ肌を引き起こしてしまいます。
生理前や後に肌が荒れてしまう方も多いですよね。
生理前後の肌も、一種のゆらぎ肌と言えるでしょう。

生理前後や更年期、妊娠などによってホルモンバランスが変化すると、ホルモンによって調節されていた肌の水分量や皮脂量に変化が起きます。

すると、肌が不安定な状態になって、刺激に弱くなるんですよ。

★ゆらぎ肌になったら生活を見直してみよう!
「最近肌の調子が悪いな」とゆらぎ肌の兆候を感じたときは、自分の周辺の環境や生活を見直してみましょう。

ゆらぎ肌の原因が見つかると、対処もしやすくなります。

睡眠不足やストレス、ホルモンや自律神経のバランスが崩れる生活をしていなかったかなど、思い当たることを1つずつリストアップしてみるといいですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る