ゆらぎ肌改善のための栄養素を知っておこう

夏バテや秋の気温差、花粉などのアレルゲンなどでゆらぎ肌にならないためには、食事も大切です。

食事は、肌を作る源になり、強い肌を作るためには欠かせません。

そこで今回は、ゆらぎ肌を予防・改善するために積極的に取りたい6つの栄養素についてお伝えします。

★肌の土台になるタンパク質
まず、健康な肌を作る土台になるタンパク質はゆらぎ肌予防・改善にも欠かせません。

タンパク質は、肌の細胞の構成成分であるだけではなく、肌の弾力を保っているコラーゲンを作っている成分でもあります。

タンパク質は、大豆製品や卵、肉、魚などをバランスよく食べて取り入れるようにしましょう。

★肌を健康に保つビタミンAとビタミンB群
ビタミンCが美肌のために必要なのは、よく知られていますよね。
しかし、美肌を保つために必要なビタミンは、ビタミンCばかりではないんですよ。

実は、肌を健康に保って強いゆらがない肌を作るためには、ビタミンAとビタミンB群がとても重要なんですよ。

ビタミンAとビタミンB群は、皮膚や粘膜を丈夫にして、健やかに保つ役割があるのです。

さらに、ビタミンB群は、ホルモンバランスを保つためにも大切なので、レバーやうなぎ、大麦若葉などから取り入れるようにしてください。

★代謝をスムーズにするマグネシウムと亜鉛
ゆらぎ肌を予防・改善するためには、代謝をスムーズに動かすことも大切です。
代謝をスムーズにするために必要な栄養素がマグネシウムと亜鉛などのミネラルです。

マグネシウムと亜鉛は、様々な酵素反応をサポートする働きがあるんですよ。

また、亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれ、ホルモンバランスを正常に保つためにも重要な働きを担っています。

★血流をよくするオメガ3
ゆらぎ肌を予防・改善するためには、肌を元気にすることが大切です。
肌を元気にするためには、肌細胞に栄養と酸素を届ける血流が良くないといけません。

血流をよくして、細胞を元気にしてくれるのが、オメガ3系の良質な油です。
特にEPAは、血液をサラサラにしてくれる効果が高いんですよ。

青魚やあまに油、ナッツなどから積極的に取り入れましょう。

★腸をきれいにする食物繊維
栄養をしっかり肌細胞に届けるためには、消化・吸収を行う腸が元気でないといけません。

そこで活躍するのが、食物繊維です。
食物繊維は腸の中をきれいにお掃除してくれる働きがあります。

中でも、腸の善玉菌の餌になって、腸内環境をよくする水溶性食物繊維を積極的に摂りましょう。

★食事は3食バランスよくが基本!
ゆらぎ肌を予防・改善するためには、3食きっちり食べて、バランスのよい食事をすることが大切です。

今回ご紹介した栄養素を摂るためには、肉や野菜などに偏った食事ではなく、様々な食材を食べるようにしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る