ターンオーバーって何?って思う人が読むべき記事を書きました

スキンケアをするときによく耳にするのが、ターンオーバーという言葉です。
あなたはターンオーバーがどういう意味か知っていますか?

実は、ターンオーバーについて勘違いしている人もたくさんいるんですよ。

そこで今回は、今さら人に聞けないターンオーバーの仕組みや日数、ケアのポイントなど基礎知識についてお伝えします。

★表皮の構造
ターンオーバーが行われているのは、肌の表皮という部分です。
そのため、ターンオーバーについて理解するためには、表皮の構造や特徴を知ることが大切です。

表皮は、0.2mmの厚さで、肌の表面から順番に、以下の4つの層が積み重なっています。
・角層
・顆粒層(かりゅうそう)
・有棘層(ゆうきょくそう)
・基底層(きていそう)

角層は、平たいオブラート状の死んだ角質細胞からできており、14~20層ほどの角質細胞が0.02mmほどの厚さで重なって、肌全体を覆い、保護しています。

その下の顆粒層と有棘層は、成長期の層とも言われ、細胞が成長段階にあります。

表皮の一番下には、新しい細胞を生み出す細胞の生産工場である基底層が位置しています。

★ターンオーバーってなに?
ターンオーバーは、表皮で行われている細胞の生まれ変わりのことを指します。

つまり、ターンオーバーが上手くいかないというのは、細胞の生まれ変わりが上手くできなくなるという意味です。

また、ターンオーバーが乱れるというのは、細胞の生まれ変わりが早くなったり遅くなったりして、正常に新しい細胞が作れなくなっている状態のことなんですよ。

新しい細胞が作れなくなると、肌もトラブルを起こしてしまいますよね。

★ターンオーバーのしくみ
ターンオーバーは、表皮の最下層である基底層から始まります。

基底層では、基底細胞という細胞がどんどん作られます。
基底層で作られた基底細胞は、有棘細胞や顆粒細胞に変化しながら上へ上へと押し上げられていきます。

有棘層と顆粒層が成長期の層と言われるのは、細胞が成長する重要な過程だからなんですよ。

細胞が角層までくると、細胞は核を失って死に、角質細胞になります。
角質細胞は20層ほど積み重なっており、皮膚の一番外側にくると剥がれ落ちるんですよ。

この一連の流れがターンオーバーなのです。

★ターンオーバーにかかる日数
ターンオーバーにかかる理想的な日数は28日です。

基底層で細胞が生まれて、成長期を通り、角層の下まで辿りつくのが約14日間かかります。
そして、角質細胞になって剥がれ落ちるまでにさらに約14日間かかります。

しかし、残念なことにターンオーバーの日数は加齢とともに増えてしまいます。

30代では40日、40代では45日にも伸びると言われているんですよ。
ターンオーバーの日数が伸びて、遅くなるということは、いつまでも古い細胞が肌に留まってしまうということです。

年をとると肌がごわついたりくすんだりするのは、ターンオーバーの遅さが原因なんですね。

★ターンオーバーは遅くても早くてもダメ!
だからといってターンオーバーは早くなりすぎてもダメなんですよ。

ターンオーバーが早くなりすぎると、成長しきれていない未熟な細胞が肌の表面に現れてしまいます。

すると、肌を乾燥や外敵からしっかり守れなくなり、敏感肌になってしまうのです。

ターンオーバーは、遅くても早くてもダメなんですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る